アポロ11号から50年 人はなぜ、宇宙をめざすのか

アポロ11号から50年
アポロ11号から50年
アポロ11号から50年

 

概要

過酷な環境であるにも関わらず、なぜ私たちは宇宙に挑み続けるのか、宇宙をめざした先に待つものは

何かを考えるパネル展示です。2019年制作。 

詳細

 1969年7月20日に人類が初めて月面に降り立ってから50年。私たちは科学技術によって宇宙をさまざまな形で

利用するまでになりました。しかし、空気も水もなく危険な放射線の飛び交う宇宙空間は人にとって過酷な

環境であることに変わりはありません。そして今、人類は再び月へ、さらにその向こうへと行こうとしています。

なぜ人は宇宙に挑み続けるのでしょうか。人類初の宇宙飛行を果たしたボストーク1号やアポロ11号といった

宇宙開発の歴史を振りかえるとともに、現在進められている、人類を再び月へ送り込むアルテミス計画や、

月軌道ゲートウェイ計画について紹介。さらに各界のキーパーソンが有人宇宙開発の意義について語ります。

 

日本科学未来館にて毎年恒例で行われる、お月見イベントのために制作。 

 企画・製作

企画・製作:日本科学未来館

協力:全国科学館連携協議会

 構成

 データ提供(PDF)のみの展示となります。

 

■パネル内容

1. 人類初の有人飛行、アポロ計画、宇宙ステーション

2. アルテミス計画、月軌道ゲートウェイ計画、新しい月面ローバー、日本科学未来館館長・毛利衛が語る宇宙開発の意義

3. キーパーソンが語る有人宇宙開発の意義

 

■利用上の注意点

1.データ利用の場合、原稿・写真の抽出・編集等をしないこと

2.施設内での掲示のみとし、リーフレット等に加工して二次配布をしないこと 

 

■構成:

データ提供(PDF)

 

<推奨出力サイズ>

A0あるいはB1縦位置 3枚

※2019年9月2日にパネル3を追加 

 

全国科学館連携協議会

全国科学館連携協議会事務局
〒135-0064
東京都江東区青海2-3-6 日本科学未来館内
03-3570-9151(代表)

旭化成
クレハ
マブチモーター