金星探査機「あかつき」

金星探査機「あかつき」
金星探査機「あかつき」

 

概要

日本初の金星探査機「あかつき」からの最新報告をご紹介します。2018年制作。 

詳細

2010年の金星周回軌道投入の失敗を乗り越え、5年後の再挑戦で軌道投入に成功した「あかつき」。

搭載された様々な装置は金星をつつむ厚い大気を、地表に近いところから雲の上層部まで立体的に観測します。

金星の大気が時速360kmで高速回転する「スーパーローテーション」の謎を解明することは「あかつき」の

大きな目的のひとつです。研究者たちはこれらの観測から「金星の気象学」を確立し、さらに地球や他の

惑星と比較することで、より普遍的な「惑星気象学」という学問を生み出すことを目指しています。

 

【金星探査機「あかつき」プロジェクトページ】

https://akatsuki.isas.jaxa.jp/

 企画・製作

企画・制作:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

協力:全国科学館連携協議会

 構成

 パネル巡回およびデータ提供(PDF)が可能です。

 

<パネル巡回サイズ> A1 9枚

<データ推奨出力サイズ> A1あるいはB1縦位置 9枚

 

<展示構成>

  表紙

1 金星気象衛星「あかつき」の誕生

2 金星大気を透視する5台のカメラ

3 謎の暴風「ス―パーローテーション」

4 見えない風を雲から探る

5 かくされていたダイナミックな大気

6 巨大な弓状模様は何を語る?

7 北極と南極の不思議な現象

8 金星の謎に挑む研究者たち

 

■利用上の注意点

1.データ利用の場合、原稿・写真の抽出・編集等をしないこと

2.施設内での掲示のみとし、リーフレット等に加工して二次配布をしないこと

 

■送付物サイズ等

ヤマト便(もしくは、ゆうパック) 1箱

各620×880×160mm 

 

全国科学館連携協議会

全国科学館連携協議会事務局
〒135-0064
東京都江東区青海2-3-6 日本科学未来館内
03-3570-9151(代表)

旭化成
クレハ
マブチモーター